Blog

ITニュース

日本では人口の約53%以上が利用しているほどの浸透しているLINEですが、海外での使用率は7位とLINEをさらに上をいくメッセージアプリが存在しています。

世界最大のアプリといえるのは、2009年にアメリカで誕生した「WhatsApp」でアクティブユーザー数では欧米・東南アジア・南米などを中心に各国のダウンロード数でも多くの国で1位、2位となっています。今年の2月には月間アクティブユーザー数が10億人を突破したとしてユーザー数を伸ばしています。

メッセージングアプリでは一緒に利用する相手がいて初めて成立するアプリですので利用者がいないと普及しませんので利用者が多いアプリでは、連鎖的に利用者が増えていくといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。