Blog

ITニュース速報サイト

来年春にリリースが期待されているMicrosoft社の次期Windows(非正式 コードネームThreshold)では、起動後の画面がハードウェアによって異なる事になると、米マイクロソフトウォッチャーのメアリー・ジョー・フォーリー氏が報じました。

従来型のデスクトップPCやノートPC向けのバージョンではWindows7と似たデスクトップが表示され、小さいスタートメニューも利用出来るだけではなく、従来の様なソフトウェアの一覧以外にライブタイルも表示されるという事です。
ノートPCとしてもタブレットとしても使える端末はキーボードの有無によってWin8風かWin7風に切り替えられるとのこと。

米分析会社が毎月発表している世界のOS市場の5月のシェア率はWindows7が50.6%でトップとなっており、Windows8は8.1と合わせても12.64%となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。