Blog

9月19日、中国Tencentのセキュリティを研究するチームが調査を行い、アメリカのTesla Motors車が遠隔操作により乗っ取り操作ができてしまう惰弱性があるということを発見しました。

最新のファームウェアが適用されたTeslaの「Model S」という車種で実証実験を実施し、「CAN Bus」という車の制御を行うコンピューターシステムをハッキングしました。

実証ビデオでは、車から20kmも離れた場所から走行中の車を停止させたり、ランプの点灯やワイパーの操作、サンルーフを開いたりしている様子が公開されています。

Teslaはプログラムの更新版により問題を対処したとのことですが、今日では自動運転技術の発達により車のIT化が進んでいるので、セキュリティについての対策が必要になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。