Blog

ここ数年で人工知能の技術がさらに発達していますが、2013年頃にはAIに人間の仕事が奪われて、労働人口の半分が代替されるという論文が発表されたのだそうです。

それから数年後には、その論文のほとんどが否定されていて、人工知能による人間への脅威は都市伝説ではありますが、未だにAIの発達が雇用にも影響するのではないかと怖がっている人もいるのだそうです。

そのオズボーン論文では、702の職業に対して必要なスキルなどをデータ化して自動化の確率を求めるというものであり、主にサービス系やバックヤードの職業が自動化されやすいと言われていて、知識労働系は割合が低いとのことです。

しかし、この論文は自動化されることで生まれる問題点などは無視されていて、人間は今後のさらなるデジタル化に向けて再教育が大切ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。