Blog

近年、農業の担い手不足が深刻化していますが、この担い手不足解消のためにロボットが活躍していますよ。

現代では、農業の担い手不足を外国人労働者に頼っている状況ですが、ある会社は自動野菜収穫ロボットを開発して実際に農家へ導入する事に成功しているのです。

ロボットが自動で野菜を一つ一つ確認して選択しながらカットを行い、ロボットが運んできたカゴを人間が受け取るので、人間が過酷な収穫作業をする事なくスマホでロボットを操作を行うだけで良いのです。

現在はアスパラガスに対応しているとの事ですが、今後収穫できる野菜を増やしていく予定なのだそうです。

農家にとっては、設備や機械を導入するための初期投資のハードルが高いという課題もありますが、農家が無理なく使えるようなモデルを導入していますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。