Blog

2020年からは、小学校からプログラミングが必修になったことで賛否両論を集めていますが、世間ではプログラミングに対して敷居が高いというイメージが持たれているようです。

すでに大学付属の特別支援学校ではプログラミングのクラブ活動が行われているとのことです。

iPadとプログラミングが学べるアプリを使用して、3Dの世界でコードを使いキャラクターを導くことにより、楽しくプログラミングが学べるのだそうです。

プログラミングの知識より、子どもにはもっと必要な教科や学力を身につけてほしいという声がありますが、特別支援学校ではその分野で天才的な能力を持つ子どもが、新たな試みで偉大なプログラマーが生まれるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。