Blog

インターネット交流サイトの米フェイスブックがユーザーに心理実験を行なっていた事が分かりました。
研究者を通じて無断で行なった事が問題となっており、情報保護法に抵触した疑いもかけられています。
すでに英情報コミッショナー事務局による調査が行なわれているそうです。
しかし、現在では具体的な違反内容は明らかではないとされています。

この心理実験が行なわれたのは2012年。一切の説明なく当時のユーザー約70万人を対象として行なわれたそうです。
実験内容は同社がユーザーの感情を変化させ、投稿内容を肯定的、否定的なものに促す事が可能かを調べるものだったと発表されています。

新しいインターネットのプライバシー問題として注目を集めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。