Blog

東大の研究グループにより、絶対に発火しない電池が実現できたと話題になっています。

リチウムイオン電池には加熱性の電解液が入っているため、発火などの事故も多く報告されており、エネルギー密度の高い2次電池を求められていますが、発火のリスクもあるので安全対策が急務だと言われていました。

今回、新たに開発された電解液は、電解質塩と難燃性の有機溶媒のみで構成されているため発火のリスクを低減させることができますよ。

これにより、リチウムイオン電池やナトリウムイオン電池の充放電を安定的にできるようになるとのことですから、今後の実用化に期待したいですね。

発火のリスクがないということは、安全装置が不要になり、自由度もアップするのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。