Blog

近年では、ネットやSNSが身近な物になった事により、著作権に対する意識が欠けている人も増えているようですが、EUによる欧州議会ではインターネット上の著作権保護に関する新たな法案が可決・承認されたそうです。

この著作権法改正案では、インターネット上にある音楽や映画や記事の著作権保護を強化する狙いがあり、大手ネット企業やコンテンツを利用するユーザーに対して費用負担を課すという事だそうです。

ネットの自由を侵害しているという声もあるようですが、日本でも無断でアップロードした漫画を読めるサイトが著作権に違反していると話題になっていたように、著作者の権利を保護することも大切だということでしょう。

これにより、本来の著作者やミュージシャンに対してきちんと収益が支払われるようになれば良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。