Blog

ITニュース 速報

米マイクロソフトは30日に、次期Windows「Windows10」を発表しました。

Windows10では内部のカスタマイズ機能を加えたスタートメニューが復活し、WindowsStoreもデスクトップアプリケーションと同様にウインドウ形式で起動する様に変更されました。
またマルチデスクトップ機能を搭載し、並列作業しているアプリケーションごとに気軽にデスクトップを切り替えられる様になったなど使い勝手の向上が多く見受けられます。

Windows10の技術プレビュー版はIT担当者向けプログラム「Windows Insider Program」を通じて10月1日から配布されます。
消費者に焦点を当てた機能等は2015年前半に明らかにされる見込みで、正式版は同年後半にリリースする予定です。

また、「Windows8」から「9」を飛ばして「10」と名称付けた理由についても語られ、「順番通りのアップデートではない全く新しいスタートの意味を含んでいる」と説明されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。