Blog

ITニュースサイト

日本の政府機関や企業を狙ったサイバー攻撃について、2014年に250億件以上あったことが明らかになりました。また発信源についても特定されており、およそ40%が中国からの攻撃でした。

サイバー攻撃を検知する独立行政法人情報通信研究機構によると、2014年に日本に対して行われた不正侵入未遂は約256億万件だそうです。
またこれらの攻撃の対象となっている中にはサーバー上で使われているソフトフェアの脆弱性も関連していることが分かりました。
調査が初めて行われた2005年のサイバー攻撃件数は約3億万件でした。

同機構によると、インターネットに接続しているルーターや監視カメラなどのシステムの遠隔操作を目的とした攻撃が多いそうです。
追跡可能なサイバー攻撃を追跡し発信国を特定したところ、40%が中国からの攻撃であることが分かりました。次いで韓国、ロシア、米国からの攻撃も多数確認されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。