Blog

パズルのようにピッタリとはまる部品の美しさ、日本の繊細な機械加工技術が話題になっていますよ。

放電加工という技術は、医療機器やジェットエンジンの部品など様々な精密機器の製作で使われていて、特殊な極細のワイヤーを用いて部品に触れる事なくレーザーのような閃光・稲妻を当てて金属を蒸発させる事により加工をするのだそうです。

この放電加工による部品と部品の隙間は僅か5ミクロン以下だと言われていて、加工後に部品を研磨して精密に仕上げられているため、美しく噛み合わせる事ができるという事ですよ。

他の加工と比べて作業が遅いという短所はありますが、硬い素材も正確に切る事ができるそうですし、この素晴らしい技術は継承されるべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。