Blog

ITニュース速報

スマートフォンや玄関のドアロック、金融端末など電子機器の個人認証として、指紋認証が行われること増えていますが、近年その指紋がインターネット上で狙われているのだそうです。

指紋を悪用するのは難しいと思われがちですが、SNSの写真性能の発展やなどにより、誰もが写真を投稿できるようになり、投稿された手の画像から指紋を読み取って悪用することができてしまいます。

そういった指紋の悪用や、指紋の盗撮を防ぐためにも、犯罪防止に向けた開発が進められており、2年後の実用化を目指しているのです。

海外では過去に、記者会見の画像などから政府関係者の指紋を盗み取ったという事例があり、指紋を悪用されることにより、金銭の被害やプライバシーの被害に遭う可能性がありますから対策が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。