Blog

ITニュース

皮膚に貼れる極薄の有機ELディスプレーを、東洋大の研究グループが開発しました。センサーとつなぎ、脈拍数など手の甲に表示することができるようです。15日付の米科学誌サイエンス・アドバンシズに発表されました。

ディスプレーの厚さは3マイクロメートル程で人の表皮の1割ほどの薄さとなっています。くしゃくしゃに曲げることもでい、手の甲の曲面に貼ることもできます。差後湯現場でマニュアルを表示させる等の幅広い使い方が考えられています。

有機ELは、発行部の劣化を防ぐためにガラス等で覆う必要があり、柔らかいものを作るのが難しいようです。グループは高分子やガラスに似た材料を重ね、水分や酸素を通しにくい2マイクロメートル以下の保護膜を作り出すことに成功しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。