Blog

総務省は昨年11月、訪日外国人と日本人観光客を対象に公衆無線LANに関する意識調査を行いました。
およそ65%の日本人観光客が利用のリスクについて認知していたものの、対策を行う人はおよそ47%にとどまっており、セキュリティに関する意識がまだ低い事が分かりました。

セキュリティ対策の基本として、セキュリティソフトの導入と最新バージョンへの更新が推奨されています。
さらにネットに繋ぎたくても信用できる公衆無線LANが見つからない場合等はスマホのデザリング機能を利用するなどの工夫が必要です。
また暗号化されているサービス以外の利用は控えた方がいいことや、手続きが一切必要ない所謂『野良Wi-Fi』について、盗聴目的などで設置される事も多く危険であると発表しています。

公共施設設置されているものでも100%の安全保障がある訳ではなく、公衆無線LANを利用する際は『自衛』が最も大切であるとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。