Blog

ITニュース

日々進化している人工知能ですが、近年では人間の働き方や企業の経済活動への脅威になる恐れがあるそうです。

現在でも人工知能による文書の執筆や、囲碁で人間に勝利する、社員を管理・評価するような情報処理技術で人工知能が働いており、AIは自動で学習を繰り返し活動の幅が広がってきています。

10〜20年後、日本の2人に1人は仕事を奪われる未来も囁かれており、2015年度の日本国内の従業者数は6334万人でしたが、2030年度には735万人の雇用が失われると分析されています。

少子高齢化社会の中、労働力不足の解消は必要ですし、人工知能には便利な部分は多々ありますが、この技術や革新に対応して、社会や経済など制度を見直すことが必要になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。