Blog

乗り換え案内サービスを提供しているジョルダンは、富士通を協力してAI技術を活用した「列車遅延予測の実証実験」を開始すると発表しました。

対象路線は関東の138の路線で、実証期間は今月19日から9月末までを予定していますが、ジョルダンが提供している経路検索サービス「乗換案内」のAndroid版アプリに新機能を追加するのだそうです。

鉄道運行などに関する情報を、サービス利用者の投稿や運行情報を学習することで、より正確な遅延情報予測ができるようになり、従来よりも便利に鉄道を利用できそうですね。

鉄道で事故や災害が発生し列車遅延が起こった際に、ユーザーに情報を提供し、その路線の運行再開を待つか、振替輸送などの別路線を利用するか、判断に役立つそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。