Blog

ITニュース速報

29日、米マイクロソフトが米グーグルのOS「Android」を搭載しているタブレット端末に対して、業務ソフトウエア「オフィス」のアプリである「Word」「Excel」「PowerPoint」の無料提供を開始しました。
米アップル「iPad」については昨年3月、既にオフィスの無料提供を行っています。
更に同社はスマートフォン「iPhone」とタブレット端末「iPad」に向けた電子メールプログラム「アウトルック」の提供を始めました。

マイクロソフトのサトヤ・ナデラ最高経営責任者は、アップルとグーグルから遅れをとっている携帯機器市場での巻き返しを図っています。
今まではAndroid搭載端末上でオフィスオプリのテスト板を数ヶ月提供していましたが、29日に最終版のアプリとして登場しました。

マイクロソフトによると、先にオフィスの無料提供を行ったiPadではWord、Excel、PowerPoint全てが人気を集めており、配信以降8000万ダウンロードを記録しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。