Blog

ITニュース速報

米調査会社ガートナーは、世界のタブレット型端末の販売台数が2015年末には3億2000~3億1600万台に達するとし、パソコンを上回る予想であることの調査報告をしました。
一方パソコンは2015年の予想はないものの、2014年の販売台数は約3億800万台になると予想。
従来のデスクトップ型やノート型パソコンの販売台数の減少はウルトラモバイル型パソコンがカバーすると考えられています。

同社によると、2014年のタブレット型端末の販売の伸び率23.9%と緩やかで、前年のペースより約半分とやや落ち着き気味。
パソコン市場は安定しており、2013年は9.5%の落ち込みがみられましたが、2014年は2.9%に留まると予想されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。