Blog

ITニュース 速報

米アップルは9日にスマートウォッチ「アップルウォッチ」と「iPhone」の新機種2種類を発表しました。

時計型端末のアップルウォッチはその名の通り手首に装着して使う端末で、アップルが初めて新分野に進出する製品として注目を浴びています。
さらにiPhoneと連携した機能が搭載され、健康や運動管理などの機能が備わっています。
操作はタッチパネルとボタン操作の両方に対応しており、画面サイズも2種類が販売。来年始めに販売されるそうです。

iPhoneは画面サイズが違う「iPhone6」(4.7インチ)、「iPhone6−Plus」(5.5インチ)の画面を搭載しており、操作性の向上を図っています。
早くも9月12日に注文受付を開始し、年末までに100以上の国や地域で発売されます。

アップルウォッチ、iPhone共に新機能として、端末をかざすだけで簡単支払いができる「アップルペイ」を搭載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。