Blog

ITニュース速報サイト

英国首都ロンドンで7日にスーパーコンピューターの「知性」テストが行なわれました。

テスト内容はキーボードを通して人間と5分間会話を複数回行なわれる、所謂「チューリングテスト」
人間とコンピューターが参加し、会話の回答がコンピューターか人間かどちらかを判断するテストです。

合格の基準は30%以上で今回のスーパーコンピューターも見事30%以上の審査員が「人間」と判断し合格しました。
「13歳の少年、ユージーン・グーツマン君」の設定で参加したロシアのスーパーコンピューターで、審査員らは33%の確率で人間という判断をくだしたそうです。

今回のテストは質問が無作為に出題され、難易度が高いとされている中での「合格」に注目が集まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。