Blog

ITニュース

京セラコミュニケーションシステムは、「可搬型Wi-Fiステーション」の提供を5月16日から開始します。この設備は、野外イベントや災害時などの通信確保に活用できる、Wi-Fiスポットを設置するためのものになります。

鉛蓄電池と無線LANアクセスポイント機能などの機材を、持ち運びができるケースに搭載し、商用電源が無い場所でもWi-Fiスポットを簡単に展開できるシステムです。

イベント会場などでは無停電電源装置として、避難所など災害時には非常用電源としても使うことができます。

防水防塵性能に優れた野外タイプが70万円、より軽量化された屋内タイプが35万円になります。
組み立ても簡単で、AC100V出力が備わっているので、非常時にはスマートフォンの充電としても利用できますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。